大豆イソフラボンの抗酸化作用で身体の酸化を防ごう

大豆イソフラボンは「ポリフェノール」の一種であり、様々な効果をもたらす「抗酸化作用」があります。ポリフェノールや抗酸化作用とは何か、大豆イソフラボンの抗酸化作用の効果について詳しく説明していきます。

大豆イソフラボンがもつポリフェノールとは?

ワインやチョコレートで知られているポリフェノールは、植物が持つ色素や苦みなどの成分で、数千種類もあります。大豆イソフラボンもポリフェノールの一種で、身体に良いと言われている抗酸化作用を持っています。

大豆イソフラボンの抗酸化作用とは?

身体の中では、身体を酸化させ様々な病気などを引き起こす原因となる、活性酸素が毎日作られています。身体の免疫システムには活性酸素を抑える酵素が備わっていますが、活性酸素は過剰な紫外線・食品添加物の多い食品・アルコール・喫煙・ストレスなどで増えてしまいます。そして、抑える働き以上に活性酸素が増えてしまうと、身体に悪影響が出ます。

大豆イソフラボンが持っている抗酸化作用とは、この免疫システムにある活性酸素を抑える酵素をサポートし、活性酸素が増えるのを防ぐ作用のことです。

活性酸素を抑えるメリット

活性酸素は、菌や微生物から身体を守る働きがあり、悪い働きをするばかりではありません。しかし増えすぎると、酸化したコレステロールが血管に溜まりやすくなり血流が悪くなったり、シミやしわなどの肌のトラブルを起こしたりします。

抗酸化作用がある大豆イソフラボンを摂ることで活性酸素が抑えられ、これらの症状を防いだり緩和したりすることができるのは、身体にとって大きなメリットです。

抗酸化作用のある大豆イソフラボンを摂ろう

活性酸素が増える要因があっても、誰もが同じように身体のトラブルに繋がる訳ではありません。紫外線を過剰に浴びたとしても、身体に強い抗酸化作用が働いていれば、シミやしわなど肌のトラブルが起きにくいことが分かっています。
身体に元々備わっている活性酸素を抑える酵素が弱い方でも、大豆イソフラボンを摂ることで、抗酸化作用を高めることができます。

一度にたくさん摂らなくても良いので、毎日欠かさず抗酸化作用のある大豆イソフラボンを摂りましょう。