コレステロールの調整をサポートする大豆イソフラボン

コレステロールは身体に必要なものですが、増えすぎると悪影響を及ぼすものでもあります。更年期になると、コレステロールが増える方が多くなります。その理由や、大豆イソフラボンのコレステロールを調整する働きについて、紹介していきます。

コレステロールとは

コレステロールというと、良くないものというイメージを持つ方がいますが、身体には必要なものです。コレステロールの働きや、コレステロールの調整が必要な理由などを説明します。

コレステロールの働き

コレステロールは、脂肪の消化吸収に必要な胆汁酸や骨を強くするビタミンD、女性ホルモンや男性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどを作る原料になるとても重要な物質です。

また、コレステロールの1/3以上が脳や神経細胞に存在しており、脳からの情報を各器官に伝達する役割を持っています。

コレステロールの調整が必要な理由

コレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールがあります。LDLコレステロールが増え過ぎても、HDLコレステロールが減り過ぎても問題になるため、コレステロールの調整が必要です。

LDLコレステロールとは

LDLコレステロールは、肝臓から全身にコレステロールを運ぶ役割があり、コレステロールが血液中に増えすぎても運ぶのを止めません。またLDLコレステロールが増えると血管の壁にくっつき、血管を狭くして血流を悪くします。

HDLコレステロールとは

HDLコレステロールは、全身から余ったコレステロールを回収して肝臓に運び、血液中のコレステロールを減らします。HDLコレステロールが減り過ぎると、余ったコレステロールを回収できなくなりコレステロールの増えすぎに繋がります。

コレステロールが増える原因

コレステロールが増える原因として、食べ物の摂り方や更年期などが挙げられます。その理由について説明します。

コレステロールの摂りすぎ

コレステロールは、身体の中で作られるものが大半です。食事から摂取したコレステロールは、血液中のコレステロールに影響を及ぼしにくいと判明しています。しかし、検査などでLDLコレステロールが高いと判別している方は、コレステロールの摂り過ぎで更に高くなる可能性があるため、摂る量に注意が必要です。

更年期によるもの

男性には、年齢によるコレステロールの変化はあまりありませんが、女性では、閉経前後にLDLコレステロールが急上昇します。これは、閉経前後の更年期に卵巣の機能が低下し、コレステロールの調節を行ってきた女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が急激に減るためです。

また、コレステロールは女性ホルモンを作る材料でもあります。しかし、働きがなくなった「エストロゲン」のために使われることがなくなり、コレステロールとして残ってしまいます。

大豆イソフラボンのコレステロール調整効果

大豆イソフラボンには、「エストロゲン」と同様の作用があり、LDLコレステロールを減らすなど、コレステロールの調整を行う作用があります。そのため、コレステロールの摂取制限が必要な方や更年期の女性が大豆イソフラボンを摂ることで、LDLコレステロールを減らす効果が期待できます。