大豆イソフラボンで女性ホルモンのバランスを回復!

大豆イソフラボンには、女性ホルモンとよく似た働きがあります。そのため、女性ホルモンのバランスの崩れを整えることが期待できます。大豆イソフラボンが女性ホルモンに対して、どんな働きをするのか紹介していきます。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンとは?

女性には卵巣から分泌される、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンがあります。エストロゲンは月経から排卵期までに分泌が多く、排卵期から多くなるのがプロゲステロンです。2つの女性ホルモンのバランスが保たれていることで、身体も心も安定します。

しかし、無理なダイエットなどによるストレスの蓄積や、女性ホルモンの分泌が安定しない時期(更年期など)では、女性ホルモンのバランスが崩れ、様々な不調が起こってしまいます。

大豆イソフラボンとエストロゲンの関係は?

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た化学構造をしており、エストロゲンと同じように働きます。そのため、減ってしまったエストロゲンの分泌をカバーして、女性ホルモンのバランスを回復できます。

大豆イソフラボンで女性ホルモンを補うメリットは?

自律神経症状を和らげる

女性ホルモンを分泌するよう指令を出している「視床下部」という器官は、自律神経も司っています。女性ホルモンのバランスが崩れると視床下部にも影響が及んでしまい、自律神経が乱れることがあります。

大豆イソフラボンによって、女性ホルモンのバランスが保たれると、自律神経の乱れで起こる症状(イライラや憂鬱、ホットフラッシュなど)を和らげることができます。

骨が弱くなるのを防ぐ

エストロゲンは骨を作る細胞の働きを活発にしたり、骨を壊す細胞の働きを抑え、骨からカルシウムが流れ出るのを防いだりしています。大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足をカバーし、骨が弱くなってしまうのを防ぎます。

血流を良くする

エストロゲンには血液中のコレステロールを調節する働きがあります。エストロゲンの不足で血液中にコレステロールが増えて血流が悪くならないよう、大豆イソフラボンがカバーします。

肌や髪の毛のトラブルを防ぐ

エストロゲンは美容にも影響を与えています。肌や髪の毛に艶を与え、乾燥から守る「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」をエストロゲンが作っています。大豆イソフラボンは、エストロゲン不足で起きる肌や髪の毛のトラブルを防ぎます。