大豆イソフラボンを摂ることで得られる様々なメリット

大豆イソフラボンはポリフェノールの一つで、フィトエストロゲンとも呼ばれ、女性ホルモンと似た働きができるものです。イソフラボンを摂るメリットについて、紹介していきます。

エストロゲン減少をサポートすることによるメリット

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と同様の働きができます。エストロゲンの分泌が減り、ホルモンバランスが崩れることで様々な症状が出ている女性にとって、大きなメリットがあります。

更年期障害の症状を和らげる

エストロゲンが減少することで、更年期障害が起こりやすくなります。大豆イソフラボンは、更年期障害が原因の、 うつやイライラ、頭痛や肩こり、不眠、倦怠感、動悸や息切れ、ホットフラッシュ(急なのぼせや発汗)などの症状を和らげます。

骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ

エストロゲンが減少すると、骨を作っている骨芽細胞と骨を壊す破骨細胞のバランスが崩れて、骨が弱くなります。大豆イソフラボンはエストロゲンの働きをサポートし、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨を壊す働きを抑えます。

血流を良くする

大豆イソフラボンは、善玉(HDL)コレステロールを増やし、 悪玉(LDL)コレステロールが増えないよう調整する働きがあります。その結果、血液中のコレステロールも減り、血流が良くなります。

シミやシワなどの肌のトラブルを改善する

大豆イソフラボンには 、シミやシワなどを改善し、肌にハリや潤いを与える「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」 の生成を促す働きがあります。

エストロゲン減少以外でのイソフラボンのメリット

大豆イソフラボンのメリットがあるのは、更年期以降の女性ばかりではありせん。男性にも女性の1/10と少量ですが、エストロゲン が分泌されており、大豆イソフラボンを摂るメリットがあります。

その他、エストロゲン減少とは関係なく、大豆イソフラボンの持つ効果でメリットとして挙げられるものを紹介します。

抜け毛を減らす

男性ホルモンの分泌が増えすぎると、男性も女性も抜け毛が増える場合があります。大豆イソフラボンを摂ることで男性ホルモンが抑えられたり、血流を良くしたりでき、抜け毛を減らす効果が期待できます。

体臭を和らげる

男性ホルモンの増えすぎにより、体臭が強くなる場合があります。大豆イソフラボンの摂取は 、強い体臭を和らげることができます。

抗酸化作用で身体の酸化を防ぐ

イソフラボンには、ポリフェノールが持つ抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、身体を悪影響が出やすい活性酸素から守り、身体が酸化するのを防ぐ作用です。加齢により、本来身体備わった抗酸化酵素が減ってくるため、イソフラボンを摂ることがメリットになります。