大豆イソフラボンを摂って記憶力の低下を防ごう

更年期以降の女性で、もの忘れで悩んでいる方はおられないでしょうか。しかし、年だからと諦めなくても大丈夫です。大豆イソフラボンを摂ることで、もの忘れが減り、低下した記憶力の向上が期待できることを紹介していきます。

もの忘れが多くなる更年期以降の女性

記憶力低下の原因は?

予定を入れていることを忘れたり、知名人の名前が出てこなかったりして、もの忘れをかんじるようになり、認知症になっているのではないかと不安になる方は多くいます。特に女性では更年期以降、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌不足が関係し、記憶力の低下が起こってくることがわかっています。

記憶力低下とエストロゲンの関係は?

エストロゲンには、脳の血管を拡張し血流を改善する働きがあります。また「セロトニン」という神経伝達物質は、エストロゲンによって活性化されます。セロトニンは情報の処理を行う扁桃体や、記憶に携わる海馬の維持に必要な神経伝達物質です。

更年期以降エストロゲンの分泌が減ることにより、脳内の血流が悪くなったりセロトニンが活性化されにくくなったりすることで、記憶力の低下が起こってしまいます。

大豆イソフラボンは救世主

大豆イソフラボンのエストロゲン様効果

大豆イソフラボンは、エストロゲンと同じような化学構造になっているため、似たような働きがあります。そのため、更年期以降のエストロゲンの分泌不足は大豆イソフラボンで補うことができます。大豆イソフラボンを摂ることで脳内の血流が改善でき、神経伝達物質の活性化をサポートする働きで、記憶力の低下を防ぎます。

大豆イソフラボンの抗酸化作用

大豆イソフラボンには、エストロゲンをサポートする働きだけでなく、身体を酸化させる活性酸素から細胞を守る「抗酸化作用」があります。脳にある神経細胞は、加齢だけでなく活性酸素の影響でも減少してしまいます。抗酸化作用がある大豆イソフラボンを摂ることで、神経細胞の減少を防ぎ、記憶力低下も防ぐことになります。

大豆イソフラボンを毎日摂ろう

大豆イソフラボンは、期間限定でたくさん摂れば効果が出るというものではありません。毎日欠かさず摂ることで効果が継続していきます。記憶力の低下を心配している方は、大豆イソフラボンを毎日の食事にプラスしてみましょう。