イソフラボンで更年期を楽に乗り切りましょう

閉経前後の女性は身体に変調を起こしやすくなっていますが、イソフラボンを摂ることによって、予防や症状の緩和が可能です。更年期の女性をサポートできるイソフラボンについて、紹介していきます。

更年期とは

女性は、45歳から55歳くらいの間に閉経を迎えます。この期間を更年期と言いますが、身体に急激に起こる変化により、不調も起こりやすくなっています。更年期で不調になる原因や、その症状などを説明します。

更年期で体調が崩れる原因

女性には卵巣から分泌されている、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンがあります。この二つの女性ホルモンのバランスが保たれていると、問題はありません。しかし、閉経間近になると、エストロゲンの分泌が急激に減ってしまい、その結果、様々な症状が起きやすくなります。

エストロゲンの働きは?

エストロゲンは、子宮内膜を厚くし受精卵が着床する準備をするだけでなく、肌や髪の毛に艶やハリを与えたり、カルシウムが骨から溶け出すのを防いだり、コレステロールを調整したりする働きがあります。

しかし、閉経間近になると卵巣の機能が低下してしまうため、今までのようにエストロゲンは分泌されなくなり、ホルモンのバランスが崩れ更年期の症状が起こってしまいます。また、卵巣が分泌できない状態であるにも関わらず、脳からは分泌しなさいという命令が出続けることで、自律神経が乱れることでも症状が出ます。

更年期障害の症状について

更年期障害は、個人によって症状も様々ですが、多くみられるのは、身体のほてりや発汗、頭痛、イライラや不眠、動悸やめまいなどです。生活上支障が出ない程度なら、気にしすぎないように過ごすのが良いとされています。しかし、支障が出るようであれば治療が必要ですので、婦人科がある病院を受診してみましょう。

またエストロゲンが減ることにより、骨がもろくなったり、コレステロールが増えて血流が悪くなったりする可能性があるため、注意が必要です。

イソフラボンとは?

イソフラボンは、ポリフェノールの一種です。フィト(植物)エストロゲンとも言われ、エストロゲンと同じような働きをすると言われています。

イソフラボンの効果について

イソフラボンは、分泌が減ってしまったエストロゲンをカバーし、更年期障害の予防や症状を緩和します。また、エストロゲンが過剰に分泌されてしまうのを防ぐ効果もあります。

イソフラボンを多く摂るには

イソフラボンは大豆に多く含まれていますが、イソフラボンをうまく吸収できる女性は半数以下しかいません。イソフラボンの吸収を良くするためには、毎日続けて大豆製品を摂ると良いと言われています。1日の目安は、豆腐なら1/2丁、納豆なら1パックとなります。イソフラボンは過剰に摂るのも問題があるとされますが、食品から摂る分には問題がないと言われており安心です。

イソフラボンを摂って、更年期障害を乗り切りましょう。