やる気が出ない原因と大豆イソフラボンのやる気回復効果

何かをしなければいけない時に、すぐに行動できれば問題ありませんが、頭でわかっていても中々行動に移すことができない場合は、なにか原因があるかもしれません。やる気が出ない原因や、大豆イソフラボンのやる気の回復効果について紹介します。

やる気が出ない原因は?

ストレスによるもの

ストレスとは外部からの刺激で、身体や心に緊張が続き、負担がかかっている状態です。天気や気温の変化、休息・睡眠・栄養・運動などの不足、人間関係などがもつれなどで、ストレスは溜まりやすく、やる気が出なくなってしまいます。

女性ホルモンのバランスの乱れ

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」があります
2つの女性ホルモンのバランスが乱れることで、月経前症候群(PMS)や更年期の症状などが起こりやすくなり、やる気が出なくなることがあるのです。

月経前症候群は、女性ホルモンの分泌が安定していない思春期~20代女性に多く、更年期の症状は、エストロゲンの分泌が急激に減る閉経前後5年ほどにみられます。

やる気を出すには?

大豆イソフラボンを摂りましょう

大豆イソフラボンには、ストレスを減らしたり、女性ホルモンの分泌不足をサポートしたりする作用があります。大豆イソフラボンを摂ることで、やる気が起きない原因が軽減されるかもしれません。

大豆イソフラボンの作用とは?

ストレスを減らす作用

ストレスを感じると分泌される、ストレスホルモンがあります。このホルモンは、ストレスに対抗してくれる必要なものですが、増えすぎると反対に身体にストレスを与えてしまいます。

大豆イソフラボンは、このホルモンを作るために必要な酵素をシャットアウトする作用があります。ストレスホルモンを減らすことで、やる気が起きるようにできるかもしれません。

またストレスホルモンが減ると、同じ原料から作られる若返りホルモンを増やせることにも繋がります。若返りホルモンは、女性ホルモンや男性ホルモンを増やし、やる気を起こさせるように働きます。

女性ホルモンのバランスを整える作用

大豆イソフラボンは、エストロゲンと同じような働きをします。大豆イソフラボンを摂ることで、エストロゲンの分泌不足をサポートし、女性ホルモンのバランスを整える作用をします。月経前緊張症や更年期の症状が和らげば、やる気を取り戻せるかもしれません。