大豆イソフラボンで生理前に起こるPMSを改善しよう

生理前に起きる不快な症状で困っている方は、いないでしょうか。もしかしたら、それは「PMS」かもしれません。PMSとは何か、原因やどんな人に起きやすいか、また大豆イソフラボンを摂ることで緩和される症状などについて紹介していきます。

PMSとは?

生理前や生理中の不快な症状で悩んでいる女性は多くいます。しかし、生理が始まる1週間ほど前から起こる身体的・精神的な症状が、日常生活にまで支障をきたしてしまうものを「PMS」と言います。PMSは、生理が始まった途端に症状が治まる特徴を持っているため、「月経前症候群」とも呼ばれています。

PMSには、身体的症状として、むくみ、胸の張り、肩こり、下腹部痛、頭痛、吹き出物などがみられます。
精神的症状では、イライラ、不安、不眠、集中力の低下などがみられます。

PMSの原因は?

女性ホルモンのバランスの乱れ

PMSは月経周期と深い関係があり、排卵期以降生理までの「プロゲステロン」が優勢になり、「エストロゲン」が低下する期間にみられます。そのため、女性ホルモンのバランスの乱れがPMSの原因であると考えられています。また、女性ホルモンの分泌が安定していない思春期、無理なダイエット、偏った食生活、ストレスの蓄積なども、女性ホルモンのバランスを乱し、PMSを発症しやすくします

エストロゲン低下によるセロトニン不足

エストロゲンは、精神を安定させる神経伝達物質「セロトニン」を作り出す働きもしています。
そのため、生理前でのエストロゲンの減少でセロトニンが不足することも、PMSの原因と考えられています。

*精神を安定させる神経伝達物質

PMSに効果的な大豆イソフラボンの効果

女性ホルモンのバランスを整えてくれる

大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種でエストロゲンのような働きができます。大豆イソフラボンは、エストロゲンの分泌不足をサポートするだけでなく、分泌が過剰な場合は抑える働きがあります。その結果、女性ホルモンのバランスが整えられ、PMSの症状が緩和できます。

セロトニンの分泌不足を防いでくれる

PMSは精神的な症状が大きいため、自律神経の乱れを整えるだけでなく、セロトニンの分泌を低下させないことが症状の緩和に必要です。大豆イソフラボンを摂ることでエストロゲンの働きがサポートでき、セロトニンの分泌不足を防ぎます。